夜間 学校

社会人になった、働いた、でも好きなことがある。

夢をあきらめきれない。

といった人生の大きなターニングポイントである転職を考える時、学校にもう一度通うことが必要となってくる場合があります。

そこで、自分の好きな分野へスムーズに転職するなら、夜間の学校を選ぶ人も少なくありません。

看護学校や大学では二部のあるところもありますが、服飾専門学校に夜間部があるのをご存知ですか?

服飾関係での夜間学部は、転職を考える人はもちろんのこと、アパレルメーカーで働いているデザイナーがスキルアップのために通うこともあります。

服飾専門学校、夜間部の利点としては昼間部に比べて少人数クラスで受講出来ることが挙げられます。

集中的に講師に見てもらえるのでスキルアップも早く、実際にアパレルメーカーで働いている人であれば仕事に役立てることが出来ます。

専攻できる学科も昼間部と比べて細かく分かれており、自分の目的にあった学科選びが可能になっています。

学費に関しても時間が限られている分、働きながらでも十分捻出できる費用になっています。

昼間部と同様、奨学金を受けることも出来ます。

就職対策を考える

夜間も昼間も、就職のことが気になると思います。

夜間学部は昼間学部に比べて、習得する技術も知識も時間の差から就職するのにどうしても不利になることもあります。

ですが、昼間働いている職場によっては変わってくることもあります。

まったく関係のない職場で働きながらコツコツやることは確実のように思えますが、アルバイトででもアパレル関係の仕事をすることによって、就職の強みを得る手段として考えられます。

たとえアルバイトでも、アパレルの仕事に必要な技術や知識の判断をすることが出来ます。

学校で教わることは、基礎的なことが多く、実務で役立てるのに苦労することもあります。

事前に仕事に関して知っておくことは、学校と仕事をつなげて比較することにも役立つのです。

就職活動でも、関係のない会社よりアパレル関係の仕事をやっていることで有利に働きます。

正社員で働くのは学費の面でも安定しますが、あえて現状を変えアパレル関係の仕事に移ることで服飾を身近に感じることができます。

転職は、人生のターニングポイントです。

一大イベントです。

安全な道を選びがちになりますが、ここは冒険することを選んでみてはいかがでしょうか。

うまくいかない時期があったとしても、自分の覚悟を決めるいい機会にもなります。

センスと努力が問われる業界だからこそ、人生をかける価値があると言えます。

Comments

Comments are closed.